1961年のヒット曲 YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニール・セダカ「すてきな16才」

Edit

ニール・セダカ「すてきな16才」無料音楽動画視聴
すてきな16才Happy Birthday,Sweet Sixteen」は、50年代後半から60年代前半にかけて全米のトップアイドルであった、ニール・セダカNeil Sedakaの代表曲です。。

ニール・セダカは、この「すてきな16才」の他、「Oh!キャロル」「カレンダー・ガール」「悲しき慕情」などをチャートインさせ、この「すてきな16才」は、1961年の全米チャート第6位記録される大ヒット曲です。

ちなみに、このニール・セダカの「すてきな16才」は、私が16歳の誕生日の頃よく口ずさんでいた思い出の曲です(もちろんリバイバルですが・・・)。
なお、今日お誕生日の16才のアナタに、この「すてきな16才」をプレゼントします。

スポンサーサイト

坂本九「上を向いて歩こう」

Edit

坂本九「上を向いて歩こう」無料音楽動画視聴
上を向いて歩こう」は、1961年に発売された坂本九の大ヒットシングルで、坂本九のみならず昭和の日本の代表曲として、また世界に広く知れ渡った日本の代表曲でもあります。

坂本九は、海外でも大ヒットしたこの「上を向いて歩こう」など数々の名曲を残した、昭和を代表するソロシンガーです。アメリカで最も権威のあるヒットチャート誌ビルボードの「ホット100」で1位を獲得したのはあとにも先にも日本人では坂本九だけ。

この「上を向いて歩こう」は、61年8月にNHKで放送されていたテレビ番組「夢であいましょう」の「今月の歌」として発表されて同年10月に発売し、爆発的なヒットとなりました。当時の日本のレコード売り上げランキング(「ミュージック・ライフ」誌に掲載されていた国内盤ランキング※)では、61年11月~62年1月までの3ヵ月にわたり1位を独走しました。

ヘンリー・マンシーニ「ムーン・リバー」

Edit

ヘンリー・マンシーニ「ムーン・リバー(『ティファニーで朝食を』より)」無料音楽動画視聴
ヘンリー・マンシーニは、数々のグラミー賞に輝いた映画音楽家ですが、中でもこの「ムーン・リバー」は、ヘンリー・マンシーニの名曲中の名曲です。

この「ムーン・リバー」は、映画『ティファニーで朝食を』の主題歌であり、主演のオードリー・ヘプバーンが劇中で歌った「ムーン・リバー」はあまりにも有名なのではないでしょうか?

まだ若かりし中学生時代の小田和正は、この映画『ティファニーで朝食を』を見て、その主題歌に大変感動して、初めて買ったレコードがこのヘンリー・マンシーニ作曲の「ムーン・リバー」だったそうです。

ザ・ピーナッツ「モスラの歌」

Edit

ザ・ピーナッツ「モスラの歌」無料音楽動画視聴
ご存知ザ・ピーナッツが歌う「モスラの歌」です。

この「モスラの歌」は、1961年に公開された怪獣映画『モスラ』の挿入歌で、モスラの加護を乞い、平和を祈る内容の歌だそうです。

ザ・ピーナッツは同映画で、インファント島に住む妖精の小美人(しょうびじん)役として出演。この「モスラの歌」をザ・ピーナッツが歌い話題となりました。また、その後のモスラ映画でも、この「モスラの歌」はお約束となっており、コスモス、大塚ちひろ、ザ・リリーズなどの女性アイドル等によってカバーされ、歌い続けられています。

レイ・チャールズ「わが心のジョージア」

Edit

レイ・チャールズ「わが心のジョージア(Georgia On My Mind)」無料音楽動画視聴
レイ・チャールズ(Ray Charles Robinson)の代表曲といったら、この「わが心のジョージア(Georgia On My Mind)」でしょう。

レイ・チャールズは、幼少の頃に緑内障の為に失明し、ハンディを背負いながらピアノを学んで、自分の魂を歌うというソウルミュージックの形を自らで実証して”ソウルの神様”と呼ばれ、独特の満面の笑みで、体をのけぞらせて揺らしながら歌う姿が非常に印象的でした。

わが心のジョージア」は、1961年の大ヒット曲でミリオンセラーを記録した名曲です。近年日本では「いとしのエリー」をカヴァーした米国のソウルミュージシャンとして有名で、レイ・チャールズの作品としては日本での最大の売上となっています。

ベン・E・キング「スタンド・バイ・ミー」

Edit

ベン・E・キング(Ben E. King) 雨音はショパンの調べ 無料音楽動画
スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)」は、1960年にドリフターズを脱退したベン・E・キング(Ben E. King)のソロ歌手としての代表曲で、1961年に世界中で大ヒットしました。

その後、この「スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)」は、スタンダードナンバーの傑作として、ジョン・レノンをはじめ多くのアーティストにカバーされ、1986年には映画「スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)」の主題歌に起用されてリバイバルヒットします。

ちなみに、映画「スタンド・バイ・ミー(Stand by Me)」は、オレゴン州の小さな町に住む、それぞれ心に傷を持った4人の少年たちが好奇心から線路づたいに死体探しの旅に出るという、ひと夏の冒険を描いた青春映画の傑作で、この映画の影響から線路を歩く事をスタンド・バイ・ミーなどと言うようになりました。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。