1972年のヒット曲 YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディープ・パープル「ハイウェイスター」

Edit

ディープ・パープル「ハイウェイスター」無料音楽動画視聴
第2期ディープ・パープル(Deep Purple)の代表作となる、1972年に発表した3rdアルバム『マシン・ヘッド』の先頭を飾った楽曲が、この「ハイウェイスター(Highway Star)」で、そのリフはあまりにも有名です。

この第2期ディープ・パープルでは、ボーカルにイアン・ギランが加入し、それまでのジョン・ロードが目指す幻想的なサウンドから、リッチー・ブラックモアが志向するハードロック路線へと変貌していくわけですが、結果的にこれが大成功を収め、ここからハードロック・バンドとしてのディープ・パープルが確立したと言えるでしょう。

また日本におけるリッチー・ブラックモアは、ディープ・パープルのギタリストとしてだけではなく、ハードロックの名ギタリストとしても有名で、彼によるギターの速弾きや超絶なテクニックは、プロ・アマ問わず多くのロック・ギタリストに影響を与えたと言われています。

スポンサーサイト

赤い鳥「翼をください」

Edit

赤い鳥「翼をください」無料音楽動画視聴
翼をください」は、1971年に発売されたフォークグループの赤い鳥のシングル『竹田の子守唄』のB面に収録された楽曲で、70年代前半のフォークの名曲です。

赤い鳥は、70年に結成された5人組のフォークグループで、各人がボーカルを担当することができ、美しいハーモニーが魅力的なグループでした。この「翼をください」は、発売3年で100万枚を突破するヒットとなり、竹田の子守唄ともども赤い鳥の代表曲となります。

この「翼をください」は、91年には川村かおりがカバーして約28万枚のヒット。97年11月に元赤い鳥の山本潤子がシングルとして発売。折しも、FIFA W杯フランス大会の予選でサッカー日本代表チームの応援歌として歌われ、この曲をモチーフにしたフジテレビ系ドラマ「翼をください!」も放送されました。

青い三角定規「太陽がくれた季節」

Edit

青い三角定規「太陽がくれた季節」無料音楽動画視聴
太陽がくれた季節」は、1972年2月25日に発売された青い三角定規のシングルで、オリコンチャート第1位となって50万枚を売り上げた、青い三角定規の代表曲です。

この「太陽がくれた季節」は、村野武範主演による日本テレビ系ドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌で、作詞は山川啓介、作曲はいずみたく、オリジナルの編曲はあの松岡直也によって行われた、日本のフォークソングを代表する名曲のひとつとして長く親しまれ、音楽の教科書にも採用された楽曲です。

青い三角定規は、この「太陽がくれた季節」で同年の第14回日本レコード大賞の新人賞を受賞。大晦日の第23回NHK紅白歌合戦にも初出場し、同年のオリコン年間シングル売上げ第10位に記録される大ヒットになりました。

吉田拓郎「結婚しようよ」

Edit

吉田拓郎「結婚しようよ」無料音楽動画視聴
結婚しようよ」は、1972年1月21日に発売された吉田拓郎4枚目のシングルで、40万枚以上を売上げ、オリコンチャート最高3位となる、吉田拓郎の初期の代表曲です。

結婚しようよ」の大ヒットで、吉田拓郎は“フォークのプリンス”などと騒がれるようになり、この頃から若い女子がコンサート会場を占拠するようなり、その人気ぶりは下火になっていたGSブームの再来のようだったといわれています。

当時、ビートルズやアメリカのヒッピー文化の流入による、男性の長髪が我が国でも流行していた時代に、“僕の髪が肩までのびたら結婚しよう”と言う歌詞は斬新で、「結婚しようよ」のヒットは、まさに時代を反映したものと言えるでしょう。

小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」

Edit

小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」無料音楽動画視聴
瀬戸の花嫁」は、1972年4月10日に発売された小柳ルミ子の4枚目のシングルで、オリコンチャート第1位となって74万枚を売り上げた、小柳ルミ子の代表曲です。

この「瀬戸の花嫁」は、瀬戸内海の小島へと嫁ぐ花嫁の心情と新生活への決意が歌われたもので、曲の舞台は香川県小豆郡土庄町沖之島とのこと。70年代から80年代にかけては結婚式の定番曲としてもよく歌われ、現在はJR四国(主に高松駅、坂出駅、宇多津駅、多度津駅、松山駅など)やJR西日本岡山駅の瀬戸大橋線発着ホームの駅構内メロディーで使われています。

小柳ルミ子としてこの「瀬戸の花嫁」は、「わたしの城下町」に次ぐヒット曲であり、同年のオリコン年間シングル売り上げ第2位の大ヒット曲です。また小柳ルミ子は、この「瀬戸の花嫁」で、同年の第3回日本歌謡大賞を見事受賞。大晦日には第23回NHK紅白歌合戦にもこの「瀬戸の花嫁」で2年連続2度目の出場を果たしました。

チューリップ「魔法の黄色い靴」

Edit

チューリップ「魔法の黄色い靴」無料音楽動画視聴
チューリップのデビューシングル「魔法の黄色い靴」です。

この「魔法の黄色い靴」は、1972年6月5日に発売され、発売当時の売り上げは2000枚程度でしたが、チューリップの記念すべきデビュー曲であり、ライブでは長年にわたり一番最後に演奏される曲として定着しているため、チューリップの曲の中では知名度は高く、ファンにも思い出の1曲です。

ちなみに「魔法の黄色い靴」のレコーディングには、異例とも言える16時間を費やしたとか。ファンタジックな洋楽チックなメロディと独特の歌詞が印象的な楽曲でした。

ちあきなおみ「喝采」

Edit

ちあきなおみ「喝采」無料音楽動画
ちあきなおみと言えば、この曲「喝采」です。1972年オリコン集計で80万枚(コロムビア発表では130万枚)をセールスした大ヒット曲で、同年の日本レコード大賞を受賞した名曲です。

喝采」は、かつての恋人の死を知っても、それでも歌の道に邁進するちあきなおみの決意を詞にされたという触れ込みでプロモーションされてましたが、実際にはフィクションでした。

しかし、1978年に結婚した俳優の郷治と1992年に死別した折、柩にしがみつき「私も一緒に焼いて」と号泣し、以降一切の芸能活動を休止されています。代表曲となった「喝采」に対して、実際のちあきなおみの人生は異なってしまうですが、出来ることなら心から彼女の歌手復帰を願うばかりです。

山本リンダ「どうにもとまらない」

Edit

山本リンダ「どうにもとまらない」無料音楽動画視聴
どうにもとまらない」は、1972年6月5日に発売された山本リンダのシングルで、オリコンチャート最高3位となって38万枚を売り上げた、山本リンダの代表曲です。

この「どうにもとまらない」は、当時の売れっ子作詞作曲家コンビの阿久悠・都倉俊一の作品。山本リンダはの、大胆なヘソ出しルックと情熱的で激しいダンスに、扇情的な歌詞の内容などが話題になって、「こまっちゃうナ」の頃を上回る大人気になります。

この年山本リンダは、日本レコード大賞作曲賞、日本歌謡大賞放送音楽賞、有線放送大賞夜の有線大賞を受賞し、大晦日の第23回NHK紅白歌合戦では、この「どうにもとまらない」で2度目の出場を果します。なお05年にアサヒ飲料の缶コーヒーのCMに起用され歌詞をアレンジした、「どうにもとまらない~ノンストップ」をリリース。07年にはドミノ・ピザのTVCMで「どうにもとまらない」の替え歌「ド~ミノとまらない♪」として楽曲が起用されました。

井上陽水「傘がない」

Edit

井上陽水「傘がない」無料音楽動画視聴
『都会では自殺する若者がふえている♪』の歌詞で始まる、初期の井上陽水を代表する1曲「傘がない」です。

この「傘がない」は、1972年5月1日にリリースされた井上陽水のデビューアルバム「断絶」からのシングルカットされた楽曲で、同年7月1日に「傘がない」はリリースされました。

アルバム「断絶」は、井上陽水の代表作でアルバムとしては初のミリオン・セラーとなった3rdアルバム「氷の世界」のロングセラーに引きずられるようにオリコン8位、163週間ベスト100以内にチャートインするという大ヒットとなってます。

朱里エイコ「北国行きで」

Edit

朱里エイコ「北国行きで」無料音楽動画視聴
北国行きで」は、1972年1月25日に発売された朱里エイコのシングルで、オリコンチャート最高6位となって36万枚を売り上げた、朱里エイコの代表曲です。

朱里エイコは、日本人離れしたパワフルなボーカルと本場アメリカ仕込みのパフォーマンスで世界的にも認められた日本人では数少ない国際派シンガーの一人。この「北国行きで」で大ブレークし、一躍人気歌手の仲間入りを果しました。

この「北国行きで」で朱里エイコは、同年の第23回NHK紅白歌合戦に初出場を果しました。なお「北国行きで」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第23位に記録される大ヒットでした。

泉谷しげる「春のからっ風」

Edit

泉谷しげる「春のからっ風」無料音楽動画視聴
フォーク・ロックを武器に数々の名作を次々と生み出した泉谷しげるの名曲「春のからっ風」です。

言葉一つ一つを吐き出すかのようなヴォーカルが特徴の泉谷しげるなんですが、そんな泉谷しげるが唄うバラードは、同じバラードでも決して甘くなく、傷口に塩を塗り込むような心に沁みる曲が多く、この「春のからっ風」もそんな1曲です。

なお、サディスティック・ミカ・バンドが全面バック・アップし、結果ロック色の濃い仕上がりとなった、泉谷しげる72年のアルバム『光と影』に、この「春のからっ風」は収録されていました。

須藤リカ/南こうせつとかぐや姫「海のトリトン」

Edit

須藤リカ/南こうせつとかぐや姫「海のトリトン」無料音楽動画視聴
1972年4月から放送されたアニメ『海のトリトン』の最初から第6回放送時の主題歌で、それ以降はエンディング・テーマとして使われていた、須藤リカ南こうせつかぐや姫が歌った「海のトリトン」です。

アニメ『海のトリトン』は、手塚治虫の漫画『海のトリトン』を原作としたテレビアニメで、4月1日から同年9月30日まで、毎週土曜日19:00 - 19:30に全27話が放送された人気アニメで、後に「神田川」や「赤ちょうちん」「妹」などの大ヒット曲を飛ばしたフォークグループ「かぐや姫」をバックに従えて、あの「ウィークエンダー」のテレビ三面記事コーナーで元気なレポーターをしていた須藤リカが歌っていました。

ちなみに須藤リカは、デビュー直後には東映の女番長映画に多数出演していることから、その姿が強くイメージされる方も多いかと思います。なお、このアニメ『海のトリトン』で、オープニングおよびエンディングに使われた映像には、須藤リカかぐや姫がこの曲を歌う実写映像が使われています。

アルバート・ハモンド「カリフォルニアの青い空」

Edit

アルバート・ハモンド「カリフォルニアの青い空」無料音楽動画視聴
爽やかなメロディと歌声が印象的だった、1973年のアルバート・ハモンドのヒット曲「カリフォルニアの青い空」です。

シングル「カリフォルニアの青い空」は、日本では1972年12月21日に発売され、オリコンチャート最高11位となり20万枚を売り上げた、アルバート・ハモンドの代表曲です。

この「カリフォルニアの青い空」のヒットで、シンガーソングライターとして日本でも人気のあったアルバート・ハモンド。当時、ラジオから流れてきたこの曲を聴いて、爽やかな西海岸の青い空を想像し、夢見た人は少なくないのではないでしょうか?
ちなみに、アメリカがベトナムから撤退を始めた頃のヒット曲になります。

欧陽菲菲「雨のエア・ポート」「恋の追跡(ラブ・チェイス)」

Edit

欧陽菲菲「雨のエア・ポート」「恋の追跡(ラブ・チェイス)」無料音楽動画視聴
1972年にヒットした欧陽菲菲の「雨のエア・ポート」、そして「strong>恋の追跡(ラブ・チェイス)」です。

雨のエア・ポート」は、1971年12月20日に発売されオリコンチャート最高4位で34万枚をセールス。「恋の追跡(ラブ・チェイス)」は、1972年4月5日に発売されオリコンチャート最高5位となって29万枚を売り上げた、どちらも欧陽菲菲のヒット曲です。

どちらも「雨の御堂筋」ほどの爆発的なヒットには至りませんでしたが、片言の日本語からは連想できないソウルフルな欧陽菲菲の歌は、当時強烈な印象を残しました。

ニュー・シーカーズ「愛するハーモニー」

Edit

ニュー・シーカーズ「愛するハーモニー」無料音楽動画視聴
1972年にコカ・コーラのCMソングとしても使われた、ニュー・シーカーズの「愛するハーモニー」です。

この「「愛するハーモニー」は、日本での発売は1972年2月5日で、オリコンチャート第1位に輝き28万枚の売り上げを記録する大ヒットとなり、全英でも1位、全米では7位となる世界的な大ヒットとなりました。

ニュー・シーカーズは、63年に結成されたシーカーズが68年に解散し、元シーカーズのメンバーであるキース・ボドガーを中心に男3人女2人で再結成したコーラスグループで、この「「愛するハーモニー」に代表される美しいコーラスハーモニーで、70年代前半に多くのヒットを飛ばしました。

「ゴッドファーザー 愛のテーマ」

Edit

「ゴッドファーザー 愛のテーマ」無料音楽動画視聴
1969年に発表された小説『ゴッドファーザー』を原作とした1972年公開の映画『ゴッドファーザー』の愛のテーマです。

映画『ゴッドファーザー』は、監督フランシス・F・コッポラやマーロン・ブランドの名声を不動のものにし、アル・パチーノやロバート・デ・ニーロをスターダムに押し上げた不地区の名作と評価される70年代を代表する名画です。

映画『ゴッドファーザー』の音楽担当は、イタリアの作曲家でありクラシック音楽と映画音楽で活躍したニーノ・ロータ。この「ゴッドファーザー 愛のテーマ」は、日本でも尾崎紀世彦によってカバーによって、多くの人々に親しまれた1曲です。

ダニエル・ブーン「ビューティフル・サンデー」

Edit

ダニエル・ブーン「ビューティフル・サンデー」無料音楽動画視聴
イギリス人のダニエル・ブーンが歌って、72年に発売され世界的に大ヒットした「ビューティフル・サンデー」です。

この「ビューティフル・サンデー」は、全米での最高15位、全英では最高21位となり、その後もロングヒットを続けて、日本では1976年3月10日にリリースされ、オリコンチャート初登場第1位となり、15週にわたって連続1位という大ヒットとなり、同年の年間シングル売上げ第2位を記録し、日本語版のカバーを田中星児とトランザムが歌い、こちらもトップ10入りする大ヒットでした。

尚、72年当初は日本ではまったくと言っていいほど売れませんでしたが、76年にTBS系「おはよう720」『キャラバンII』のコーナーのテーマ曲として「ビューティフル・サンデー」が使用されてのリバイバルヒットでした。ちなみに、その後ダニエル・ブーンは、アメリカ・イギリス・日本のどの国でもヒット曲を出すことはできていません。

あがた森魚「赤色エレジー」

Edit

あがた森魚「赤色エレジー」無料音楽動画視聴
赤色エレジー」は、1972年4月25日に発売されたあがた森魚のデビューシングルで、オリコンチャート最高7位となって29万枚をセールスした、あがた森魚の代表曲です。

あがた森魚は、フォークソング全盛期の70年代前半から活躍するフォークシンガーで、その音楽性は「赤色エレジー」に代表されるノスタルジックなものからニューウェイヴ系やワールド・ミュージックを取り入れたものまで多種多彩。

この「赤色エレジー」は、林静一の劇画『赤色エレジー』をモチーフにして作られた曲で、昭和40年代~50年代半ばまで若者の間に見られたアングラ的ムードを背景として大ヒット。出口の見えない同棲生活を描いた名作として、上村一夫の漫画『同棲時代』と並んで、この時代の風俗を象徴する作品です。

カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」

Edit

カーペンターズ「トップ・オブ・ザ・ワールド」無料音楽動画視聴
トップ・オブ・ザ・ワールド」は、1972年6月13日にリリースされたカーペンターズのアルバム「トップ・オブ・ザ・ワールド」から、シングルカットして発売されたカーペンターズのヒット曲です。

シングル「トップ・オブ・ザ・ワールド」は、日本だけのシングルとして1972年11月5日にリリースされ、11万枚を売り上げオリコンチャートは最高21位となってます。米国では、カントリーシンガーのリン・アンダーソンが歌いヒットしたことで、急遽シングルカットされ、2週連続で全米No.1を獲得する大ヒットとなりました。

なお、アルバム「トップ・オブ・ザ・ワールド」は、発売当初は原題通り「ア・ソング・フォー・ユー」として発売されていました。ちなみに、カーペンターズの全米No1シングルは、この「トップ・オブ・ザ・ワールド」のほかに、「遙かなる影」(70年)「プリーズ・ミスター・ポストマン」(75年)があります。

橋幸夫「子連れ狼」

Edit

橋幸夫「子連れ狼」無料音楽動画視聴
子連れ狼」は、1971年12月25日に発売された橋幸夫のシングルで、41万枚を売り上げてオリコンチャート最高10位となった、橋幸夫の大ヒット曲です。

この「子連れ狼」は、日本テレビ系時代劇『子連れ狼 (萬屋錦之介版)』第3部の主題歌で、作詞者は原作者の小池一雄、作曲者は吉田正。ドラマのオープニングで、「しとしとぴっちゃん しとぴっちゃん・・・♪」と、橋幸夫と若草児童合唱団が唄っていました。

尚、橋幸夫は、この「子連れ狼」で、同年の第23回NHK紅白歌合戦に13度目の出場しました。ちなみに、後にリメイクされた子連れ狼 (北大路欣也版)第3部では、アレンジを変えた加藤登紀子のカバー曲が挿入歌として使用された。

ディープ・パープル「チャイルド・イン・タイム」

Edit

ディープ・パープル「チャイルド・イン・タイム」無料音楽動画視聴
イアン・ギランをボーカルに迎え、いわゆる「黄金期」の第2期ディープ・パープルの傑作「チャイルド・イン・タイム」です。

この「チャイルド・イン・タイム」は、金切り声を立てる独特のヴォーカル・スタイルのイアン・ギランの特徴を生かした名曲として知られ、彼のボーカルスタイルは、後のヘヴィメタルヴォーカリストにも大きな影響を与えました。

ロック史上に残る名盤、ディープ・パープルのライヴ・アルバム「ライヴ・イン・ジャパン」では、「ハイウェイ・スター 」に続く、2曲目に「チャイルド・イン・タイム」が収録。見事なまでの動から静への切り替わりが特に印象的でした。

ガロ「学生街の喫茶」

Edit

ガロ「学生街の喫茶」無料音楽動画視聴
学生街の喫茶店」は、1972年6月20日に発売されたガロのシングルで、77万枚を売上げオリコンチャート第1位となった、ガロの代表曲です。

この「学生街の喫茶店」は、当初は同シングルの「美しすぎて」のB面として収録されてあったものが人気が出て、急遽AB面を入替えて販売されました。

このガロの「学生街の喫茶店」は、翌73年のオリコン年間シングル売上げ第3位に記録される大ヒットとなり、歌詞中にボブ・ディランを取り上げた為、ボブ・ディランのレコードも急に売れたという逸話もあります。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。