FC2ブログ

1994年のヒット曲 YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]

今井美樹「Miss You」

Edit

今井美樹「Miss You」無料音楽動画視聴
Miss You」は、1994年7月18日にリリースされた今井美樹の10枚目のシングルで、オリコン初登場第1位となって80万枚を売り上げた、今井美樹の大ヒット曲です。

この「Miss You」は、二度と会えないかもしれない人への想いを切なく歌った今井美樹の名曲で、田中美佐子主演の日本テレビ系ドラマ『禁断の果実』の主題歌に使用されていました。

個人的には間奏で入る寂しげなギターの音が印象に残っています。なお「Miss You」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第26位に記録されるヒットでした。

Mr.Children「CROSS ROAD(クロスロード)」

Edit

Mr.Children「CROSS ROAD(クロスロード)」無料音楽動画視聴
CROSS ROADクロスロード」は、1993年11月10日に発売されたMr.Childrenの4枚目のシングルで、オリコンチャート第6位となって126万枚を売り上げた、Mr.Childrenの代表曲です。

この「CROSS ROADクロスロード」は、桜井和寿が曲完成後に「100万枚売れる曲ができた」と発言したエピソードは有名で、初期のMr.Childrenの雰囲気を多く残している楽曲。発言の通り、長い間チャートインするロングヒットとなり最終的にはミリオンサラーを達成。

また、Mr.Childrenとしては初のドラマ主題歌で、日本テレビ系ドラマ「同窓会」の主題歌として使用されていました。ちなみに「CROSS ROADクロスロード」は、翌94年のオリコン年間シングル売上げ第15位に記録される大ヒットとなり、Mr.Childrenを日本を代表するバンドへと押し上げた原点となる楽曲になりました。

TRF「BOY MEETS GIRL(ボーイ・ミーツ・ガール)」

Edit

TRF「BOY MEETS GIRL(ボーイ・ミーツ・ガール)」無料音楽動画視聴
BOY MEETS GIRLボーイ・ミーツ・ガール」は、1994年6月22日に発売されたTRFの7枚目のシングルで、オリコンチャート最高3位となって129万枚のセールスを記録したTRFの代表曲です。

この「BOY MEETS GIRLボーイ・ミーツ・ガール」は、TRFを代表する楽曲の一つで、コカ・コーラのCMソングに採用され、その季節感溢れる爽やかな楽曲で大ヒットしました。

TRFは同年の第45回NHK紅白歌合戦に、この「BOY MEETS GIRLボーイ・ミーツ・ガール」で初出場を果たし、トップバッターを務めました。ちなみに同年のオリコン年間シングル売上げ第9位に記録される大ヒットでした。

Mr.Children「Tomorrow never knows」

Edit

Mr.Children「Tomorrow never knows」無料音楽動画視聴
Tomorrow never knows」は、1994年11月10日に発売されたMr.Childrenの6枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き277万枚のセールスを記録した、Mr.Childrenの代表曲です。

この「Tomorrow never knows」は、フジテレビ系ドラマ「若者のすべて」の主題歌として使用され、現時点でMr.Children最大のヒットシングルであり、歴代シングルチャートでも7位に記録される大ヒット曲になっています。

なお「Tomorrow never knows」のPVは、全て海外で撮影され、特に最後のサビの部分は、オーストラリアのグレートオーシャン・ロードの断崖絶壁で撮影されて当時話題になりました。ちなみに「Tomorrow never knows」は、翌95年のオリコン年間シングルチャートで第4位に記録されるヒットでした。

中山美穂「ただ泣きたくなるの」

Edit

中山美穂「ただ泣きたくなるの」無料音楽動画視聴
ただ泣きたくなるの」は、1994年2月9日にリリースされた中山美穂の28枚目のシングルで、オリコンチャート第1位に輝き105万枚のセールスを記録した、中山美穂の代表曲です。

この「ただ泣きたくなるの」は、中山美穂自身も出演したTBS系ドラマ『もしも願いが叶うなら』の主題歌で、中山美穂単独での初ミリオンヒットとなりました。

また中山美穂は、この「ただ泣きたくなるの」で同年暮れの第45回NHK紅白歌合戦に7回目出場を果します。ちなみに同年のオリコン年間シングル売上げ第17位に記録される大ヒットでした。

SMAP(スマップ)「がんばりましょう」

Edit

SMAP(スマップ)「がんばりましょう」無料音楽動画視聴
がんばりましょう」は、1994年9月9日にリリースされたSMAP14枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって72万枚を売り上げた、SMAPの大ヒット曲です。

この「がんばりましょう」は、「Hey Hey おおきに毎度あり」以来のSMAP2作目のシングルチャート1位を獲得し、セールス的にも当時とすればSMAP最大のヒット曲となりました。

また「がんばりましょう」は、フジテレビ系『なるほど!ザ・ワールド』オープニングテーマに使用され、このタイトルで翌年には『SMAPがんばりましょう』と冠して番組タイトルにも使われました。更に翌95年の第67回選抜高校野球大会の入場行進曲にも採用されました。

LUNA SEA(ルナシー)「ROSIER」

Edit

LUNA SEA「ROSIER」無料音楽動画視聴
ROSIER」は、1994年7月21日に発売されたLUNA SEAルナシーの3rdシングルで、オリコンチャート最高3位となって37万枚を売り上げた、LUNA SEAルナシーの代表曲です。

この「ROSIER」は、全編がサビといっても過言ではないほどのインパクトのある曲で、疾走感溢れるギターと地を這うような重複感のあるベースが特徴的な曲でした。

LUNA SEAルナシーというバンドを世間一般に広く浸透させ、X JAPANに続くヴィジュアル系バンドとして、ブレイクのきっかけにもなったシングルのこの「ROSIER」は、LUNA SEAルナシーを代表する曲として、ファンからも人気の高い作品です。

DEEN「瞳そらさないで」

Edit

DEEN「瞳そらさないで」無料音楽動画視聴
瞳そらさないで」は、1994年6月22日にリリースされたDEENの5枚目のシングルで、オリコン初登場第1位に輝き104万枚のセールスを記録した、DEENの代表曲です。

坂井泉水作詞、織田哲郎作曲の、この「瞳そらさないで」は、大塚製薬「ポカリスエット」のCMソングに使用されて大ヒットし、DEENにとって初のチャート1位獲得曲となります。

また「瞳そらさないで」は、「このまま君だけを奪い去りたい」以来の2作目のミリオンヒットとなり、同年のオリコン年間シングルチャートでは18位に記録されるヒットとなりました。

近藤真彦(マッチ)「北街角」

Edit

近藤真彦(マッチ)「北街角」無料音楽動画視聴
北街角」は、1993年11月21日に発売された近藤真彦の27枚目のシングルで、オリコンチャート最高41位で11万枚を売り上げた、近藤真彦のヒット曲です。

この「北街角」は、ハウス食品の「北のラーメン うまいっしょ」のCMソングとして使用されていました。個人的にもこのCMの印象が強いためか、冬の寒い夜に湯気の立ち込めたラーメン屋さんに入ると、この「北街角」を思い出してしまいます。

また、この頃の近藤真彦は、どちらかと言えば芸能活動よりもレース活動に重点を置いていたのではないでしょうか?88年から参戦した全日本F3選手権もこの年で卒業し、94年から全日本GT選手権に参戦していきます。

中島みゆき「最後の女神」

Edit

中島みゆき「最後の女神」無料音楽動画視聴
最後の女神」は、1993年12月1日に発売された中島みゆきの30枚目のシングルで、オリコンチャート最高22位で10万枚を売り上げた、中島みゆきのヒット曲です。

この「最後の女神」は、同年10月に発売されたアルバム『時代-Time goes around-』に収録されたリメイク版のシングルカット曲「時代」との両A面シングルとして発売されました。ちなみに、中島みゆき2枚目の両A面シングルになります。

また、この「最後の女神」は、93年10月~94年3月まで、TBS系『筑紫哲也 NEWS23』のテーマソングに起用され番組のエンディングなどで流されていました。

大黒摩季「あなただけ見つめてる」

Edit

大黒摩季「あなただけ見つめてる」無料音楽動画視聴
あなただけ見つめてる」は、1993年12月10日にリリースされた大黒摩季の6枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって124万枚を売り上げた、大黒摩季の代表曲です。

この「あなただけ見つめてる」は、テレビ朝日系アニメ「スラムダンク(SLAM DUNK)」の初代エンディングテーマ曲として使用され、大黒摩季にとって初のアニメタイアップ作品になります。

またアニメ「スラムダンク(SLAM DUNK)」の主題歌の中では、WANDSの「世界が終るまでは…」、ZARDの「マイ フレンド」等を抑え、「あなただけ見つめてる」が最高のセールスを記録。ちなみに、翌94年のオリコン年間シングル売上げ第8位に記録される大ヒットとなっています。

TOKIO「LOVE YOU ONLY」

Edit

TOKIO「LOVE YOU ONLY」無料音楽動画視聴
LOVE YOU ONLY」は、1994年9月21日に発売されたTOKIOの記念すべきファーストシングルで、オリコンチャート最高3位で52万枚を売り上げた、TOKIOの代表曲です。

この「LOVE YOU ONLY」は、1度聴くだけで記憶のどこかに残るノリのいいラブ・ソングで、フジテレビ系送アニメ「ツヨシしっかりしなさい」のオープニングテーマに使用されていました。また「LOVE YOU ONLY」は、デビューシングルでありながら、TOKIOのシングルとしては最高のセールスを記録。

さらに、同年の第45回NHK紅白歌合戦にTOKIOは初出場を果すこととなりますが、これはデビューからわずか3ヵ月と10日の快挙で、当時の最速出場記録になりました。なお、TOKIOは初出場したこの年から、05年まで12年連続紅白出場をしています。

松任谷由実(ユーミン)「Hello,my friend」

Edit

松任谷由実(ユーミン)「Hello, my friend」無料音楽動画視聴
Hello, my friend」は、1994年7月27日にリリースされた松任谷由実ユーミンの25枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位になって136万枚を売り上げた、松任谷由実ユーミンの代表曲です。

この「Hello, my friend」は、フジテレビ系ドラマ『君といた夏』の主題歌として使用されて、前作の「真夏の夜の夢」に続いてチャート1位となって、松任谷由実ユーミン3作目のミリオンセラーを記録しました。

カップリングの「Good-bye friend」は、今は亡き友人を歌ったナンバーで、アイルトン・セナの死を悼んで作られた曲。同ドラマの挿入歌としても使われていました。ちなみに、「Hello, my friend」は同年のオリコン年間シングル売り上げ第6位に記録される大ヒットでした。

田村直美「永遠の一秒」

Edit

田村直美「永遠の一秒」無料音楽動画視聴
永遠の一秒」は、1994年7月27日に発売された「田村直美」のソロとしてのデビューシングルで、オリコンチャート最高10位となって21万枚を売り上げた、田村直美のヒット曲です。

田村直美は、87年にロックバンドPEARLとしてデビューし、当時はSHO-TAを名乗っていました。しかし、相次ぐメンバーの脱退で4枚目のアルバムを出す頃には、PEARLは一人となってしまい、94年の移籍を機にPEARLではなく本名の田村直美で活動を開始し、この「永遠の一秒」でソロデビューを果たします。

この「永遠の一秒」は、カメリアダイヤモンドのCMで使用されてヒットしました。

Mr.Children「innocent world(イノセントワールド)」

Edit

Mr.Children「innocent world(イノセントワールド)」無料音楽動画視聴
innocent worldイノセントワールド」は、1994年6月1日に発売されたMr.Childrenの5枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって193万枚のセールスを記録した、Mr.Childrenの代表曲です。

この「innocent worldイノセントワールド」は、前作の「CROSS ROAD」のミリオンヒットが果たして本物かどうかと囁かれていたMr.Childrenにとって最大の転機となった曲で、日本コカ・コーラの「アクエリアスイオシス」のCMソングにも使われて大ヒットしました。

Mr.Childrenは、この「innocent worldイノセントワールド」で同年の第36回日本レコード大賞を受賞。しかし、授賞式にはMr.Childrenのメンバーが海外でのPV撮影の為、欠席するという異例の事態となってました。ちなみに、この「innocent worldイノセントワールド」は同年のオリコン年間シングルチャート第1位に輝いています。

ZARD「あなたを感じていたい」

Edit

ZARD「あなたを感じていたい」無料音楽動画視聴
あなたを感じていたい」は、1994年12月24日にリリースされたZARDの13枚目のシングルで、オリコン最高2位となって74万枚を売り上げた、ZARDのヒット曲です。

この「あなたを感じていたい」は、前作「こんなにそばに居るのに」とまったく異なった雰囲気の曲で、サックスが妙に強調され「もう少し あと少し…」以来のソフトなイメージになっています。

また「あなたを感じていたい」は、NTTドコモ・ポケベル「パルフィーV」のCMソングとして使用されていました。ちなみに織田哲郎が唯一、ZARD編曲を手がけた作品であり、クリスマスの発売のためか少しクリスマスの雰囲気に仕上がっています。

THE虎舞竜「ロード~第二章」

Edit

THE虎舞竜「ロード~第二章」無料音楽動画視聴
ロード~第二章」は、1994年1月1日にリリースされたTHE虎舞竜の4枚目のシングルで、オリコンチャート最高5位となり59万枚を売り上げた、THE虎舞竜のヒット曲です。

「何でもないようなことが幸せだったと思うぅ♪」で一時代を築きあげた硬派ロック・バンド、THE虎舞竜の代表曲ロード~全十三章第二章になります。

手話を使ったパフォーマンスで大ヒットした、「ロード~第一章」のアンサーソングとなる「ロード~第二章」は、第一章の雰囲気を踏襲して、メロディーは若干のマイナーチェンジという感じのアレンジで、哀愁が漂うハーモニカが印象に残り、またまた聴く者の涙を誘った1曲です。

田村直美「ゆずれない願い」

Edit

田村直美「ゆずれない願い」無料音楽動画視聴
ゆずれない願い」は、1994年11月9日に発売された田村直美のシングルで、オリコンチャート最高7位となりシングル109万枚を売上げた、田村直美の代表曲です。

この「ゆずれない願い」は、日本テレビ系で放送されたCLAMPによるファンタジーアニメ『魔法騎士レイアース』のオープニングテーマ曲として使用され大ヒットしました。

カメリアダイヤモンドのCMに起用された「永遠の一秒」のヒットに続き、この「ゆずれない願い」のヒットで、田村直美は95年の第46回NHK紅白歌合戦に初出場を果たします。

坂本冬美「夜桜お七」

Edit

坂本冬美「夜桜お七」無料音楽動画視聴
夜桜お七」は、1994年9月7日に発売された坂本冬美のシングルで、15万枚を売り上げオリコンチャート24位となった、坂本冬美の代表曲です。

この「夜桜お七」は、作詩林あまり、作曲三木たかしによる楽曲で、同年の第36回レコード大賞では、作品賞・作曲賞に輝きます。

また、坂本冬美は「夜桜お七」で、同年の第45回NHK紅白歌合戦に7回連続となる出場を果たし、96年の第47回NHK紅白歌合戦には、史上4番目の若さで紅組トリを「夜桜お七」で務めることになりました。

藤谷美和子・大内義昭「愛が生まれた日」

Edit

藤谷美和子・大内義昭「愛が生まれた日」無料音楽動画視聴
愛が生まれた日」は、1994年2月21日にリリースされた藤谷美和子・大内義昭のデュエットによるシングルで、133万枚の売り上げでオリコンチャート最高5位となった、藤谷美和子・大内義昭二人の大ヒット曲です。

この「愛が生まれた日」は、藤谷美和子主演で同年放送された日本テレビ系ドラマ『そのうち結婚する君へ』の挿入歌として使用され大ヒットし、同年のオリコン年間シングルチャートでは第13位に記録されました。

愛が生まれた日」の大ヒットにより藤谷美和子・大内義昭の二人は、同年の第45回NHK紅白歌合戦に初出場。ちなみに、二人は紅組からの出場となったのですが、この時松田聖子と藤谷美和子の衣装が、いずれも背中に羽の生えた天使をイメージした物であった為、一部では「衣装が被った」と言われたそうです。

福山雅治「IT'S ONLY LOVE(イッツ・オンリー・ラヴ)」

Edit

福山雅治「IT'S ONLY LOVE(イッツ・オンリー・ラヴ)」無料音楽動画視聴
IT'S ONLY LOVEイッツ・オンリー・ラヴ」は、1994年3月24日に発売された福山雅治の9枚目のシングルで、118万枚の売上げでオリコンチャート1位となった、福山雅治の代表曲です。

92年の「Good Night」のヒット以降、着実にヒットメーカーとして好調なセールスを記録していた中で、「IT'S ONLY LOVE」はタイアップ無しでの大ヒットとなり、高く評価される事となります。

この「IT'S ONLY LOVE」で、福山雅治は自身初となるオリコンシングルチャート1位を4週に渡って獲得し、初めてのミリオンセラーも達成します。また、同年のオリコン年間シングル売上げ12位を記録しました。

中島みゆき「空と君のあいだに」

Edit

中島みゆき「空と君のあいだに」無料音楽動画視聴
空と君のあいだに」は、1994年5月14日にリリースされた中島みゆきの31枚目のシングルで、146万枚を売り上げる大ヒットとなり、オリコンシングルチャート第1位に輝いた、中島みゆき90年代の代表作です。。

この「空と君のあいだに」は、安達祐実主演の日本テレビ系ドラマ『家なき子』主題歌として書き下ろされ、ドラマでの安達祐実の決め台詞「同情するなら金をくれ!」が新語・流行語大賞に選ばれるほどのブームとなり、ドラマのヒットともに大ヒットしました。

中島みゆきは、この「空と君のあいだに」の後にも、「旅人のうた」(95年)「地上の星」(2000年)でオリコン第1位となり、これまでにも70年代に「わかれうた」、80年代には「悪女」でそれぞれオリコン1位を獲得しており、4つの年代に渡ってシングルチャート1位を獲得した唯一のソロ・アーティストとなっています。ちなみに「空と君のあいだに」は、同年のオリコン年間シングル売上げの第5位でした。

PVアーティスト一覧