1997年のヒット曲 YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Le Couple(ル・クプル)「ひだまりの詩」

Edit

Le Couple(ル・クプル)「ひだまりの詩」無料音楽動画視聴
ひだまりの詩」は、1997年5月16日にリリースされたLe Coupleル・クプルの5枚目のシングルで、155万枚を売上げオリコンチャート最高2位となった、Le Coupleル・クプルの代表曲です。

Le Coupleル・クプルとは、フランス語で「夫婦」のことで、藤田隆二・恵美夫妻による音楽ユニッ。97年に発売した、この「ひだまりの詩」がフジテレビ系ドラマ「ひとつ屋根の下2」」の挿入歌になり、大ヒットを記録して一躍人気アーティストとなりました。

Le Coupleル・クプルは、「ひだまりの詩」の大ヒットで、同年のNHK紅白歌合戦にも出場を果たしますが、その後のヒットに恵まれず、07年2月夫妻は離婚され、ユニットとしての活動を休止されています。

スポンサーサイト

大滝詠一「幸せな結末」

Edit

大滝詠一「幸せな結末」無料音楽動画視聴
幸せな結末」は、1997年11月12日にリリースされた大滝詠一の14枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって97万枚を売り上げた、大滝詠一の代表曲です。

この「幸せな結末」は、木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ『ラブジェネレーション』の主題歌として使用され大ヒットしました。

また「幸せな結末」の収録は、同ドラマの第一回オンエアにギリギリ間に合ったそうで、その為同ドラマの放送日の朝の「めざましテレビ」にて紹介する際の曲には、大滝詠一の以前のヒット曲「恋するカレン」が流されてました。

反町隆史「Forever」

Edit

反町隆史「Forever」無料音楽動画視聴
Forever」は、1997年7月30日に発売された反町隆史のデビューシングルで、オリコンチャート最高3位となって51万枚を売り上げた、反町隆史の代表曲です。

この「Forever」は、竹野内豊と反町隆史自身が主演したフジテレビ系ドラマ『ビーチボーイズ』のテーマ・ソングとして使用されて大ヒット。作曲・ギターにボン・ジョヴィのリッチー・サンボラを迎え、ボン・ジョヴィ・ファンの注目をも集めました。

反町隆史は、この「Forever」のヒットによって同年の第48回NHK紅白歌合戦にも初出場しました。ちなみに「Forever」は、反町隆史 with Richie Sambora名義でリリースされてます。

森高千里「SNOW AGAIN(スノー・アゲイン)」

Edit

森高千里「SNOW AGAIN(スノー・アゲイン)」無料音楽動画視聴
SNOW AGAINスノー・アゲイン」は、1997年11月19日に発売された森高千里の33枚目のシングルで、オリコンチャート最高9位となって13万枚を売り上げた、森高千里のヒット曲です。

この「SNOW AGAINスノー・アゲイン」は、明治チョコレート「Meltykiss」のCMソングで、告白したかったのに出来なかった女性が彼を思い出して歌った切ない冬のラブソング。

なお、この「SNOW AGAINスノー・アゲイン」以降、森高千里のシングルがオリコントップ10入りすることは無くなりました。

SPEED「WHITE LOVE」

Edit

SPEED「WHITE LOVE」無料音楽動画視聴
WHITE LOVE」は、1997年10月15日にリリースされたSPEEDの5枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き185万枚のセールスを記録した、SPEEDの代表曲です。

この「WHITE LOVE」は、2ndシングル「STEADY」3rdシングル「Go! Go! Heaven」に続き、ミリオンセラーを記録し、SPEED最大のシングルセールスとなっており、同年のオリコン年間シングルチャートでも第10位に記録される大ヒットでした。また、資生堂「ティセラエンジェルドロップ」のCMソングとして使用されていました。

さらに、この「WHITE LOVE」でSPEEDは、同年の第48回NHK紅白歌合戦に初出場し、トップバッターでこの「WHITE LOVE」を歌唱しました。なお、翌年の紅白でもSPEEDは「ALL MY TRUE LOVE」で、2年連続のトップバッターを務めています。

JUDY AND MARY「LOVER SOUL(ラヴァー・ソウル)」

Edit

JUDY AND MARY「LOVER SOUL(ラヴァー・ソウル)」無料音楽動画視聴
LOVER SOULラヴァー・ソウル」は、1997年10月25日にリリースされたJUDY AND MARYの13枚目のシングルで、オリコンチャート最高5位となって50万枚を売り上げた、JUDY AND MARYのヒット曲です。

この「LOVER SOULラヴァー・ソウル」は、1997年3月リリースのJUDY AND MARYの4枚目のアルバム『THE POWER SOURCE』のレコーディング時に一緒に録音されてますが、アルバムの完成度が高くなりすぎるという理由で収録を見送られた作品だそうです。

また「LOVER SOULラヴァー・ソウル」のPVは、雪の大地で倒れたままのYUKIが登場し優しく歌い上げていますが、どこか終末感が感じられるものでした。なお、06年に放送されたCDTVの「クリスマスに聴きたい曲TOP30」では、JUDY AND MARYの「LOVER SOULラヴァー・ソウル」が第29位に選ばれていました。

赤い鳥「翼をください」

Edit

赤い鳥「翼をください」無料音楽動画視聴
翼をください」は、1971年に発売されたフォークグループの赤い鳥のシングル『竹田の子守唄』のB面に収録された楽曲で、70年代前半のフォークの名曲です。

赤い鳥は、70年に結成された5人組のフォークグループで、各人がボーカルを担当することができ、美しいハーモニーが魅力的なグループでした。この「翼をください」は、発売3年で100万枚を突破するヒットとなり、竹田の子守唄ともども赤い鳥の代表曲となります。

この「翼をください」は、91年には川村かおりがカバーして約28万枚のヒット。97年11月に元赤い鳥の山本潤子がシングルとして発売。折しも、FIFA W杯フランス大会の予選でサッカー日本代表チームの応援歌として歌われ、この曲をモチーフにしたフジテレビ系ドラマ「翼をください!」も放送されました。

エリック・クラプトン「チェンジ・ザ・ワールド(Change the World)」

Edit

エリック・クラプトン(Eric Clapton)「チェンジ・ザ・ワールド(Change the World)」無料音楽動画視聴
エリック・クラプトンEric Claptonの「チェンジ・ザ・ワールドChange the World」です。

元々この「チェンジ・ザ・ワールドChange the World」は、ウィノナ・ジャッド(Wynonna Judd)という女性カントリー歌手が歌っていたものを、ベイビーフェィス(Babyface)プロデュースのもとエリック・クラプトンEric Claptonがカバーし、1996年の映画『フェノミナン』の主題歌となって大ヒットしました。

エリック・クラプトンEric Claptonの「チェンジ・ザ・ワールドChange the World」は、翌97年のグラミー賞を受賞し、プロデュースしたベイビーフェイス(Babyface)も後に自らのアルバムで歌っていました。なお07年のTBS系ドラマ『歌姫』の挿入歌にも、この「チェンジ・ザ・ワールドChange the World」が使用されています。

パフィー(Puffy)「これが私の生きる道」

Edit

パフィー(Puffy)「これが私の生きる道」無料音楽動画視聴
これが私の生きる道」は、1996年10月7日に発売されたPuffyパフィーの2ndシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き157万枚のセールスを記録した、Puffyパフィーの代表曲です。

この「これが私の生きる道」は、デビュー曲の「アジアの純真」がロングヒットする中で発売され、資生堂『ティセラ』のCMソングとして使用されて大ヒットしました。Puffyパフィー最大のヒット曲となっています。

また「これが私の生きる道」は、同年のオリコン年間シングルチャートで「アジアの純真」に次ぐ第16位に記録され、翌97年選抜高等学校野球大会の入場行進曲としても採用されます。さらに「これが私の生きる道」は、「アジアの純真」に続き2作連続でのミリオンセラーを記録し、デビューから2作連続でのミリオン達成は史上初の快挙でした。

SIAM SHADE(シャムシェイド)「1/3の純情な感情」

Edit

SIAM SHADE(シャムシェイド)「1/3の純情な感情」無料音楽動画視聴
1/3の純情な感情」は、1997年11月27日にリリースされたSIAM SHADEシャムシェイドの6枚目のシングルで、オリコンチャート最高3位となって70万枚を売り上げた、SIAM SHADEシャムシェイドの代表曲です。

この「1/3の純情な感情」は、フジテレビ系アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のエンディングテーマに起用され、SIAM SHADEシャムシェイドのシングル中、最も高いセールスを記録する大ヒットとなりました。

ちなみに、「1/3の純情な感情」ならば残りの2/3はどこに行ったのかという問いかけに、SIAM SHADEシャムシェイドのメンバーは『ゴロなので気にしないで欲しい』と解説しています。なお「1/3の純情な感情」は、翌98年のオリコン年間シングル売上げ第31位に記録されています。

DA PUMP(ダ・パンプ)「Love Is The Final Liberty」

Edit

DA PUMP(ダ・パンプ)「Love Is The Final Liberty」無料音楽動画視聴
Love Is The Final Liberty」は、1997年10月1日に発売されたDA PUMPダ・パンプの2ndシングルで、オリコンチャート最高8位となって24万枚を売り上げた、DA PUMPダ・パンプのヒット曲です。

デビュー曲「Feelin' Good」のスマッシュヒットから4ヶ月後にリリースされた、この「Love Is The Final Liberty」は、リズミカルなサビがくせになるDA PUMPダ・パンプのノリ全開の1曲。

なお、この「Love Is The Final Liberty」は、DA PUMPダ・パンプ自身が出演したシャープ「MD-J」のCMソングでした。

T.M.Revolution(西川貴教)「HEART OF SWORD ~夜明け前~」

Edit

T.M.Revolution(西川貴教)「HEART OF SWORD ~夜明け前~」無料音楽動画視聴
HEART OF SWORD ~夜明け前~」は、1996年11月11日にリリースされたT.M.Revolution西川貴教の3枚目のシングルで、オリコンチャート最高16位で37万枚を売り上げた、T.M.Revolution西川貴教のヒット曲です。

この「HEART OF SWORD ~夜明け前~」は、T.M.Revolution西川貴教のブレイクのきっかけとなった楽曲で、フジテレビ系アニメ『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』のエンディングテーマに使用されてロングヒットとなり、現在でも初期の作品ながら根強い人気のT.M.Revolution西川貴教の代表曲でもあります。

また「HEART OF SWORD ~夜明け前~」で、初めてフジテレビ系音楽番組『HEY!HEY!HEY!』に出演。松本人志に「最初女の人だと思ってた、男やんな」と言われ、西川貴教は「はい、ボクは男です」とアピールをしていました。

華原朋美「Hate tell a lie」

Edit

華原朋美「Hate tell a lie」無料音楽動画視聴
Hate tell a lie」は、1997年4月23日にリリースされた華原朋美の6枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き106万枚のセールスを記録した、華原朋美の代表曲です。

この「Hate tell a lie」は、華原朋美自身ががイメージキャラクターとして出演したカネボウ化粧品「Bronzelove」のCMに使用され、黒く日焼けした黒朋ちゃんと、白肌の白朋ちゃんの共演CMやポスターが話題になりました。

華原朋美はこの年の第48回NHK紅白歌合戦で、この「Hate tell a lie」で2年連続2度目の出場を果し、小室哲哉がギターで演奏に参加して会場を盛り上げてました。ちなみに「Hate tell a lie」は、華原朋美3作目のミリオンセラー作品で、同年のオリコン年間チャート第14位に記録される大ヒットでした。

河村隆一「Glass(グラス)」

Edit

河村隆一「Glass(グラス)」無料音楽動画視聴
Glassグラス」は、1997年4月23日に発売された河村隆一の2枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって101万枚を売り上げた、河村隆一の代表曲です。

この「Glassグラス」は、河村隆一のシングルとしては最高のセールスを記録したシングルで、河村隆一が失恋直後に製作された楽曲です。

前作「I love you」があくまでギターがメインだったのに対し、この「Glassグラス」は完全にピアノがメインになっており、シングル「Glassグラス」にはフルート・バージョンも収録されており、河村隆一自身は、こちらの方が気に入っていると語っています。ちなみ「Glassグラス」は、同年のオリコン年間シングルチャート第15位に記録される大ヒットになっています。

YU-KI(TRF)「dragons' dance」

Edit

YU-KI(TRF)「dragons' dance」無料音楽動画視聴
dragons' dance」は、1997年6月25日に発売されたTRFのボーカルYU-KIユーキのソロデビューシングルで、オリコンチャート最高11位となって10万枚を売り上げた、YU-KIユーキのヒット曲です。

YU-KIユーキは、90年テレビ朝日系ダンスオーディション番組『DA DA LMD』の第3回チャンピオン大会で準優勝してZOOのメンバーとなり、92年に小室哲哉と出会ってTRFのボーカリストとして94年~95年かけてミリオンセラーを連発し、小室ブームのきっかけともなる活躍をし、97年からはTRFでの活動の他にソロ活動が活発に行います。

この「dragons' dance」は、アニメ映画「エルマーの冒険」の主題歌で、YU-KI(ユーキ)自身が主人公のエルマー・エレベーター役で声優に初挑戦して話題となりました。また「dragons' dance」は、ハウス食品「ククレカレー」のCMソングにも使用されてました。

相川七瀬「Bad Girls(バッド ガールズ)」

Edit

相川七瀬「Bad Girls(バッド ガールズ)」無料音楽動画視聴
Bad Girlsバッド ガールズ」は、1997年11月12日にリリースされた相川七瀬の8枚目のシングルで、オリコンチャート最高5位となって20万枚を売り上げた、相川七瀬のヒット曲です。

力強いリズムと歌詞がピッタリの「Bad Girlsバッド ガールズ」は、それまで相川七瀬の楽曲ではちょっと異色のロック+ダンスミュージックといった趣の作品でした。

この「Bad Girlsバッド ガールズ」は、日産プリンス系列販売会社のCMソングとして使用されていました。ちなみに、相川七瀬と同社とのタイアップは、97年から99年まで続いています。

ブラックビスケッツ「スタミナ」

Edit

ブラックビスケッツ「スタミナ」無料音楽動画視聴
スタミナ(STAMINA)」は、1997年12月3日にリリースされたブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)のデビューシングルで、オリコン初登場2位を記録しシングル76万枚を売上げた、ブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)の大ヒット曲です。

当初ブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)は、日本テレビ系バラエティー番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の番組内で、先輩格のポケットビスケッツの敵役として結成された悪者3人グループでした。

楽器のポケットビスケッツに対し、ダンスユニットとしてのブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)をアピールし、アジア進出を目標に掲げて、この「スタミナ(STAMINA)」は台湾で先行発売。ちなみに台湾バージョンのタイトルは「闘志」でした。

安室奈美恵「a walk in the park」

Edit

安室奈美恵「a walk in the park」無料音楽動画視聴
a walk in the park」は、1996年11月27日にされた安室奈美恵の9枚目(単独名義では8枚目)のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き107万枚のセールスを記録した、安室奈美恵の代表曲です。

この「a walk in the park」は、安室奈美恵自身が出演した日立マクセル「maxell UD」のCFイメージソングとして使用され、小室哲哉プロデュースによるお得意のテクノ・ダンスチューン。

この「a walk in the park」も、「Chase the Chance」「Don't wanna cry」「You're my sunshine」に続き、4作連続でミリオンセラーを達成し、翌97年のオリコン年間シングル売上げ第13位に記録される大ヒットでした。

MAX(マックス)「Love is Dreaming」

Edit

MAX(マックス)「Love is Dreaming」無料音楽動画視聴
Love is Dreaming」は、1997年7月30日に発売されたMAXマックスの7枚目のシングルで、オリコンチャート最高4位となって28万枚を売り上げた、MAXマックスのヒット曲です。

この「Love is Dreaming」は、「愛する女の子」ではなく「愛される女の子」をテーマに歌った曲で、ファミリーマート「'97夏のキャンペーン」のCMソングに使用されてました。

また「Love is Dreaming」で、MAXマックスは初めてラップにも挑戦。ちなみにナナは「Love is Dreaming」の歌詞もダンスも大好きだそうで、この曲の途中に出てくるダンスは「宮尾すすむダンス」。間奏のダンスは「土俵入り」と言うそうです。

河村隆一「Love is...」

Edit

河村隆一「Love is...」無料音楽動画視聴
Love is...」は、1997年10月15日に発売された河村隆一の4枚目のシングルで、オリコンチャート最高4位となって73万枚を売り上げた、河村隆一の代表曲です。

河村隆一のファンの間でも最も人気が高いこの「Love is...」は、河村隆一自身の体験談を元に製作された等身大のラブソングで、結婚式の定番ソング。

この「Love is...」は、ファミリーマートの「97秋キャンペーン」のCMソングとして使用され、TBS系『世界・ふしぎ発見!』のエンディングテーマにもなってました。

安室奈美恵「Dreaming I was dreaming」

Edit

安室奈美恵「Dreaming I was dreaming」無料音楽動画視聴
Dreaming I was dreaming」は、1997年11月27日にリリースされた安室奈美恵の12枚目(単独名義では11枚目)のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって56万枚を売り上げた、安室奈美恵の大ヒット曲です。

この「Dreaming I was dreaming」は、ジャジーなスロウR&B。三貴「銀座ジュエリーマキ エステートツインジュエリー」のTV・CFイメージソングに使用された、小室哲哉プロデュースによる楽曲です。

世間に大きな衝撃を与えたTRFのSAMと安室奈美恵の電撃結婚、そして妊娠3ヶ月を発表後にリリースされた「Dreaming I was dreaming」は、産休前のラストシングルで、妊娠で膨らんだお腹を抱えながら華麗に踊る姿や髪をばっさりショートカットにしたことも話題になりました。

Cocco「強く儚い者たち」

Edit

Cocco「強く儚い者たち」無料音楽動画視聴
強く儚い者たち」は、1997年11月21日に発売されたCoccoの2ndシングルで、オリコンチャート最高18位で36万枚を売り上げた、Coccoの代表曲です。。

この「強く儚い者たち」は、日本航空「JALハワイキャンペーン」CMソングに使用され、チャートに半年もランクインするロングヒットとなり、Coccoの名が広く知られるようになるきっかけとなります。

さらに翌98年1月には、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に「強く儚い者たち」で初出演し、初めてのテレビ出演でCoccoの知名度を上げる事となります。なお、98年のスペースシャワーTV主催『SPACE SHOWER Music Video Awards』で、Coccoの「強く儚い者たち」がBEST FEMAILE CLIPに選ばれてます。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。