1998年のヒット曲 YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大滝詠一「幸せな結末」

Edit

大滝詠一「幸せな結末」無料音楽動画視聴
幸せな結末」は、1997年11月12日にリリースされた大滝詠一の14枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって97万枚を売り上げた、大滝詠一の代表曲です。

この「幸せな結末」は、木村拓哉主演のフジテレビ系ドラマ『ラブジェネレーション』の主題歌として使用され大ヒットしました。

また「幸せな結末」の収録は、同ドラマの第一回オンエアにギリギリ間に合ったそうで、その為同ドラマの放送日の朝の「めざましテレビ」にて紹介する際の曲には、大滝詠一の以前のヒット曲「恋するカレン」が流されてました。

スポンサーサイト

Kiroro(キロロ)「冬のうた」

Edit

Kiroro(キロロ)「冬のうた」無料音楽動画視聴
冬のうた」は、1998年11月21日に発売されたKiroroキロロの3枚目のシングルで、オリコンチャート最高12位となって24万枚を売り上げた、Kiroroキロロのヒット曲です。

この「冬のうた」は、寒くなる季節にぴったりのハートウォーミングな作品で、玉城千春の透き通った歌声が心地よく響く、Kiroroキロロらしい1曲でした。

なお「冬のうた」は、01年に明治製菓「メルティーキッス」&「ポルテ」のCMソングに使用されてました。

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)「winter fall(ウィンター フォール)」

Edit

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)「winter fall(ウィンター フォール)」無料音楽動画視聴
winter fallウィンター フォール」は、1998年1月28日に発売されたL'Arc~en~Cielラルク アン シエルの8枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって85万枚を売り上げた、L'Arc~en~Cielラルク アン シエルのヒット曲です。

この「winter fallウィンター フォール」は、前作「虹」以来3ヶ月ぶり、また、yukihiroが正式加入して初のシングルで、アルバム『HEART』の先行シングルとして発売された、L'Arc~en~Cielラルク アン シエルとしては「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」以来の季節がタイトルに入った楽曲になります。

なお、この「winter fallウィンター フォール」は、前作「虹」の大ヒットからの流れという事もあり、L'Arc~en~Cielラルク アン シエル初のシングルチャート1位獲得作品で、同年のオリコン年間シングル売上げ第25位に記録される大ヒットとなっています。

T.M.Revolution(西川貴教)「Burnin' X'mas(バーニンクリスマス)」

Edit

T.M.Revolution(西川貴教)「Burnin' X'mas(バーニンクリスマス)」無料音楽動画視聴
Burnin' X'masバーニンクリスマス」は、1998年10月28日にリリースされたT.M.Revolution西川貴教の10枚目のシングルで、オリコンチャート最高3位となって50万枚を売り上げた、T.M.Revolution西川貴教のヒット曲です。

T.M.Revolution西川貴教にとって、初のクリスマスソングの「Burnin' X'masバーニンクリスマス」は、タイトル通りこれまでのクリスマスソングの華やかなイメージを覆すようなT.M.Revolution西川貴教らしい楽曲。

この「Burnin' X'masバーニンクリスマス」のPVでは、胸から襟元にかけてバラの花弁をイメージして作られた衣装が、見るものを驚かせるド派手なものでした。

KinKi Kids「シンデレラ・クリスマス」

Edit

KinKi Kids「シンデレラ・クリスマス」無料音楽動画視聴
KinKi Kidsの5枚目のシングルで、1998年12月9日リリースのシングル『Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス』から、歌詞のあらゆるところにクリスマスっぽいものが出てくる「シンデレラ・クリスマス」です。

このシングル『Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス』は、KinKi Kidsの前作『全部だきしめて/青の時代』に引き続き両A面シングルで、この「シンデレラ・クリスマス」の歌詞は、童話『シンデレラ』のストーリーを恋人同士に置き換えた内容ものとなっています。

シングル『Happy Happy Greeting/シンデレラ・クリスマス』の、もう一方のA面曲「Happy Happy Greeting」は、KinKi Kidsのデビューシングル「硝子の少年」と同じく松本隆&山下達郎のコンビで製作された、いろんな「おめでとう」がこめられた曲で、どんなお祝いのときにでも歌える曲になっています。

SIAM SHADE(シャムシェイド)「グレイシャルLOVE」

Edit

SIAM SHADE(シャムシェイド)「グレイシャルLOVE」無料音楽動画視聴
グレイシャルLOVE」は、1998年5月13日にリリースされたSIAM SHADEシャムシェイドの7枚目のシングルで、オリコンチャート最高10位となって17万枚を売り上げた、SIAM SHADEシャムシェイドのヒット曲です。

この「グレイシャルLOVE」は、TBS系『COUNT DOWN TV』のエンディング・テーマ。

『1/3の純情な感情』がロングセールスを続ける中でリリースされた「グレイシャルLOVE」は、ハートをえぐり取られるような切ないメロディー。それを支えるハードエッジサウンド。ドラマチックなオープニングから、ロックバンドSIAM SHADEシャムシェイドを堪能できる作品でした。

竹内まりや「カムフラージュ」

Edit

竹内まりや「カムフラージュ」無料音楽動画視聴
カムフラージュ」は、1998年11月18日にリリースされた竹内まりやの27枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって46万枚を売り上げた、竹内まりやの代表曲です。

この「カムフラージュ」は、木村拓哉&中山美穂主演のフジテレビ系ドラマ『眠れる森』の主題歌で、限りなくドラマにリンクさせて書いた楽曲でした。

竹内まりやは、この「カムフラージュ」で自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得。また竹内まりやの楽曲としては初めてPVが製作された楽曲になります。

SIAM SHADE(シャムシェイド)「Dreams」

Edit

SIAM SHADE(シャムシェイド)「Dreams」無料音楽動画視聴
Dreams」は、1998年8月5日にリリースのSIAM SHADEシャムシェイドの8枚目のシングルで、オリコンチャート最高4位となって16万枚を売り上げた、SIAM SHADEシャムシェイドのヒット曲です。

この「Dreams」は、”夢(Dreams)”という普遍的なテーマをSIAM SHADEシャムシェイドのハードエッジサウンドで力強く表現されています。

なお、この「Dreams」は、フジテレビ系「プロ野球ニュース」テーマソングとしてオンエアされていました。

KinKi Kids(キンキ・キッズ)「ジェットコースター・ロマンス」

Edit

KinKi Kids(キンキ・キッズ)「ジェットコースター・ロマンス」無料音楽動画視聴
ジェットコースター・ロマンス」は、1998年4月22日に発売されたKinKi Kidsキンキ・キッズの3rdシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって93万枚を売り上げた、KinKi Kidsキンキ・キッズの大ヒット曲です。

この「ジェットコースター・ロマンス」は、KinKi Kidsキンキ・キッズのデビューシングル「硝子の少年」と同じく松本隆、山下達郎コンビによる作品で、当時10代の若者に“夏”と聞いて思い浮かべる曲の第1位でした。

なお、KinKi Kidsキンキ・キッズが出演したANA『'98パラダイス沖縄』キャンペーンのCMソングに使用され、同CMと「ジェットコースター・ロマンス」のPV撮影は、実際に沖縄にて行われました。ちなみに同年のオリコン年間シングル売り上げ第18位に記録されるヒットでした。

Every Little Thing「Time goes by」

Edit

Every Little Thing「Time goes by」無料音楽動画視聴
Time goes by」は、1998年2月11日にリリースされたEvery Little Thingの8枚目のシングルで、オリコン最高2位ながらも累計売上115万枚を記録した、Every Little Thingの最大のヒット曲であり代表曲です。

この「Time goes by」は、フジテレビ系ドラマ「甘い結婚」の主題歌として使用され大ヒット。また、Every Little Thingのシングルとしては初のバラード曲で、この曲によって「Every Little Thing=バラード」のイメージが出来上がったと言えます。

また、Every Little Thingは、「Time goes by」で年末のNHK紅白歌合戦に2度目の出場を果たし、その際歌唱時に記録した視聴率56.5%という数字は、NHK紅白歌合戦の第1部の最高記録となりました。ちなみに「Time goes by」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第7位に記録される大ヒットでした。

GLAY「SOUL LOVE」

Edit

GLAY「SOUL LOVE」無料音楽動画視聴
SOUL LOVE」は、1998年4月29日にリリースされたGLAYの14枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって137万枚を売り上げた、GLAYの代表曲です。

この「SOUL LOVE」は、「誘惑」との同日発売で話題となり両シングルで、GLAYは2週連続で1位2位を独占して、オリコンシングル2位の週間売上では歴代1位を記録。

また「SOUL LOVE」のPVでは、通常バージョンの他、TERUバージョン・TAKUROバージョン・HISASHIバージョン・JIROバージョンと計5つも作られてました。ちなみに「SOUL LOVE」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第5位に記録される大ヒットでした。

GLAY「BE WITH YOU」

Edit

GLAY「BE WITH YOU」無料音楽動画視聴
BE WITH YOU」は、1998年11月25日にリリースされたGLAYの15枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となり117万枚を売り上げた、GLAYの大ヒット曲です。

フジテレビ系ドラマ『タブロイド』の主題歌として「BE WITH YOU」は使用され、前作の「誘惑」「SOUL LOVE」から7ヶ月ぶりのGLAYの新曲となったことも手伝って、この「BE WITH YOU」は、瞬く間にミリオンセラーを突破しました。

GLAYは「BE WITH YOU」のミリオン達成で、「HOWEVER」から4作連続ミリオンセールスを記録、また「BE WITH YOU」は、翌99年のオリコン年間シングルチャート8位に記録され、4作連続年間オリコンチャートTOP10入りを達成することとなります。

GLAY「誘惑」

Edit

GLAY「誘惑」無料音楽動画視聴
誘惑」は、1998年4月29日にリリースしたGLAYの13枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となり163万枚を売上げた、GLAYの代表曲です。

この「誘惑」は、GLAYにとって「口唇」「HOWEVER」に続くオリコンチャート1位を獲得。同年のNHK紅白歌合戦にも2年連続で出場し、オリコン年間シングルランキングでも1位に記録される大ヒット曲でした。

また、この「誘惑」は、14枚目のシングル「SOUL LOVE」との同時発売が話題となり、両シングルとも2週連続でオリコン1位2位を独占する快挙を達成します。この頃からGLAYとL'Arc~en~Cielの二大バンドがこの後01年あたりまで日本の音楽シーンのトップを走り続けることになります。

ZARD「息もできない」

Edit

ZARD「息もできない」無料音楽動画視聴
息もできない」は、1998年3月4日にリリースされたZARDの24枚目のシングルで、オリコンチャート最高3位となって24万枚をを売り上げた、ZARDのヒット曲です。

息もできない」は、フジテレビ系アニメ『中華一番!』のオープニングテーマと使用され、シングル発売の半年近く前から同アニメの中で流れていました。ZARDとしては、「Don't you see!」以来のアニメタイアップになります。

この「息もできない」は、久々の明るいアップテンポなナンバー。織田哲郎がビーイング脱退直前にリリースされたシングルで、「息もできない」は、織田哲郎がZARDに提供した最後の曲となりました。

鈴木あみ(鈴木亜美)「White Key(ホワイト キー)」

Edit

鈴木あみ(鈴木亜美)「White Key(ホワイト キー)」無料音楽動画視聴
White Keyホワイト キー」は、1998年12月16日に発売された鈴木あみ鈴木亜美の4枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって50万枚を売り上げた、鈴木あみ鈴木亜美のヒット曲です。

この「White Keyホワイト キー」は、前作「all night long」同様にkissmarkブランドのCMソングで、冬にぴったりのミディアムテンポのナンバーで、柔らかみを帯びた鈴木あみ鈴木亜美の歌声が楽曲によくマッチしてました。

また、シングル「White Keyホワイト キー」のカップリングには、鈴木あみ鈴木亜美自身が初めて作詞した「もうじき朝になるのに」が収められて話題となってました。

安室奈美恵「I HAVE NEVER SEEN」

Edit

安室奈美恵「I HAVE NEVER SEEN」無料音楽動画視聴
I HAVE NEVER SEEN」は、1998年12月23日に発売された安室奈美恵の13枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって66万枚を売り上げた、安室奈美恵のヒット曲です。

産休から復帰後“ママ”となって約1年ぶりのリリースとなった、この「I HAVE NEVER SEEN」は、ピアノのイントロが印象的なR&Bナンバーで、日本テレビ系ドラマ『夜逃げ屋本舗』の主題歌になっていました。

またシングル「I HAVE NEVER SEEN」のジャケット写真には、安室奈美恵のアップの顔写真が使われ、そのふっくらとした顔が話題となり、プロモーションでは、久々にダンスパフォーマンスも披露してくれました。

globe(グローブ)「wanna Be A Dreammaker」

Edit

globe(グローブ)「wanna Be A Dreammaker」無料音楽動画視聴
wanna Be A Dreammaker」は、1998年9月2日にリリースされたglobeグローブの13枚目のシングルで、50万枚のシングルセールスで堂々のオリコン初登場第1位となったglobeグローブの代表曲です。

この「wanna Be A Dreammaker」は、BRAND NEW globe 4 SINGLES(4枚連続リリース)の第一弾として発売。初回限定ジャケット(パッケージ)は他のシングルにはない特殊なパッケージで、4枚連続リリースのCDをすべて収納できるという構造になっていました。また「wanna Be A Dreammaker」は、NIISSEKI「Enaカード」キャンペーンのCMソングとして使用されていました。

10月のオリコンウィークリーシングルチャートでは、「Perfume of love」(3位)、「Sa Yo Na Ra」(7位)、「sweet heart」(8位)、「wanna Be A Dreammaker」(10位)の4曲が同時に上位10位以内にチャートイン(発売日が異なる再販でない同一アーティストによるシングルの複数チャートイン)という記録を達成。それらの活動が認められ、globeグローブは同年「wanna Be A Dreammaker」で日本レコード大賞を受賞しました。

松山千春「大空と大地の中で」

Edit

松山千春「大空と大地の中で」無料音楽動画視聴
松山千春が1998年5月9日にリリースした44枚目のシングル「この世で君が一番好き」のカップリング曲「大空と大地の中で」です。

この「大空と大地の中で」は、近年の松山千春の代表曲になりますが、北海道のご当地ソングとして親しまれており、05年11月には北海道日本ハムファイターズのファン感謝デーで、球団マスコットキャラクターのブリスキー・ザ・ベアーとヒルマン監督が共演でヒルマン監督が日本語で「大空と大地の中で」は歌い上げ喝采を浴びていました。

また余談ながら、松山千春は衆議院議員の鈴木宗男と同郷の親友で、鈴木宗男が05年に結成した新党大地の名付け親であり、この「大空と大地の中で」は、その新党大地のテーマソングとなっています。

ブラックビスケッツ「スタミナ」

Edit

ブラックビスケッツ「スタミナ」無料音楽動画視聴
スタミナ(STAMINA)」は、1997年12月3日にリリースされたブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)のデビューシングルで、オリコン初登場2位を記録しシングル76万枚を売上げた、ブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)の大ヒット曲です。

当初ブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)は、日本テレビ系バラエティー番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の番組内で、先輩格のポケットビスケッツの敵役として結成された悪者3人グループでした。

楽器のポケットビスケッツに対し、ダンスユニットとしてのブラックビスケッツ(BLACK BISCUITS)をアピールし、アジア進出を目標に掲げて、この「スタミナ(STAMINA)」は台湾で先行発売。ちなみに台湾バージョンのタイトルは「闘志」でした。

SPEED「ALL MY TRUE LOVE」

Edit

SPEED「ALL MY TRUE LOVE」無料音楽動画視聴
ALL MY TRUE LOVE」は、1998年10月28日にリリースされたSPEEDの8枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き122万枚のセールスを記録した、SPEEDの代表曲です。

この「ALL MY TRUE LOVE」は、SPEED人気絶頂期のシングルで衝動売上げはSPEED最高の60万枚を記録し、TBS系列で独占放送された98年バレーボール世界選手権のテーマソングとして使用されていました。

またシングル「ALL MY TRUE LOVE」は、SPEED初のマキシシングルで、メンバーのソロ曲を収録するなど発売前から注目されていた作品で、ソロ作品はいずれもミュージックステーションなどの音楽番組で披露されてました。なお「ALL MY TRUE LOVE」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第13位に記録される大ヒットでした。

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)「forbidden lover」

Edit

L'Arc~en~Ciel(ラルク アン シエル)「forbidden lover」無料音楽動画視聴
forbidden lover」は、1998年10月14日に発売されたL'Arc~en~Cielラルク アン シエルの14枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって84万枚を売り上げた、L'Arc~en~Cielラルク アン シエルの大ヒット曲です。

この「forbidden lover」は、歴史の流れや聖書をモチーフにした歌詞が印象的な、壮大なバラードで、日本テレビ系情報番組『知ってるつもり!?』のエンディングテーマとしても採用されてました。

前作「snow drop」に続く2週連続シングルリリースの2週目リリースの「forbidden lover」は、チャート初登場第1位となり、1週目リリースの「snow drop」が2位を記録したことにより、L'Arc~en~Cielラルク アン シエルはチャートの1位・2位を独占。この年の7月には、「HONEY」「浸食 -lose control-」で1位・2位を独占しており、史上初の「2度目のチャート1位・2位独占」を記録しました。

鈴木あみ(鈴木亜美)「all night long」

Edit

鈴木あみ(鈴木亜美)「all night long」無料音楽動画視聴
all night long」は、1998年11月5日に発売された鈴木あみ鈴木亜美の3rdシングルで、オリコンチャート最高2位となって40万枚を売り上げた、鈴木あみ鈴木亜美のヒット曲です。

この「all night long」も、小室哲哉プロデュースによる作品。小室哲哉の新しいポップ・スタイルを求めていく意気込みがうかがる少しダークな雰囲気の斬新な1曲でした。

なお「all night long」は、スノーボード「kissmark」のCMイメージソングと使用され、PVではスーツっぽい衣装を着た鈴木あみ鈴木亜美がボーリング場を走るって歌うものになっていました。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。