ケツメイシ 』 - 『ケツメイシYOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

ケツメイシ YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]
[ケツメイシ ] のまとめ YOUTUBE無料ドラマ動画

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケツメイシ 「闘え! サラリーマン」

Edit
ケツメイシ 「闘え! サラリーマン」  ケツメイシ 「闘え! サラリーマン」
【アーティスト】ケツメイシ
【タイトル】闘え! サラリーマン
【リリース】2010年11月17日

【備考】
・ 頑張れオレ!今年のイヤなこと全部忘れてみませんかっ!? ケツメイシ流宴会ソング!です。
・11thシングル
スポンサーサイト

ケツメイシ「お二人Summer」

Edit
ケツメイシ「お二人Summer」ケツメイシ「お二人Summer」
【アーティスト】ケツメイシ
【タイトル】お二人Summer
【リリース】2010年7月21日

【備考】
・夏だ、ケツメだ、ドライブにも最高のサマーチューン
・22thシングル

ケツメイシ「仲間」

Edit
ケツメイシ「仲間」ケツメイシ「仲間」
【アーティスト】ケツメイシ
【タイトル】仲間
【リリース】2010年5月12日

【備考】
・21thシングル ・テレビ朝日系ドラマ『ハガネの女』主題歌
・ケツメイシ初のドラマ主題歌で、“オマエがいたから、ここまでこれた”という「仲間」をテーマに、ケツメイシの今の言葉が詰まった楽曲

ケツメイシ「聖なる夜に」

Edit

ケツメイシ「聖なる夜に」無料音楽動画視聴
ケツメイシの2007年11月21日発売の19枚目シングル『聖なる夜に/冬物語』から、ケツメイシ初のクリスマスソングの「聖なる夜に」です。

07年8月に発表されたアルバム『ケツノポリス5』がロング・ヒットを記録するなかでの、ケツメイシ19枚目シングル『聖なる夜に/冬物語』は、ケツメイシ初の両A面シングルで、両曲ともケツメイシとしては初めて“冬”をテーマに制作されたのシングル。

この「聖なる夜に」は、クリスマスをケツメイシなりの解釈で描いた、温かなミディアム・チューン。

ケツメイシ「冬物語」

Edit

ケツメイシ「冬物語」無料音楽動画視聴
ケツメイシの2007年11月21日発売の19枚目シングル『聖なる夜に/冬物語』から、4つ打ちトラックに切ないメロディが映えた感動的なナンバー「冬物語」です。

07年8月に発表されたアルバム『ケツノポリス5』がロング・ヒットを記録するなかでの、ケツメイシ19枚目シングル『聖なる夜に/冬物語』は、ケツメイシ初の両A面シングルで、両曲ともケツメイシとしては初めて“冬”をテーマに制作されたのシングル。

この「冬物語」は、冬を思わせるリリックとRYOJIによるせつないメロディーがしみじみと聴き手の胸を撃ち抜く、キラーな仕上がりとなっています。

ケツメイシ「旅人(たびうど)」

Edit

ケツメイシ「旅人(たびうど)」無料音楽動画視聴
旅人たびうど」は、2006年4月26日にリリースされたケツメイシの15枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって34万枚を売り上げた、ケツメイシのヒット曲です。

この「旅人たびうど」は、新しい自分をつかむための旅立ちや、心を開放していくことは、その人自身を成長させる大切な儀式だと語りかけてくれるケツメイシらしい多くの共感を得られる作品に仕上がっています。

ちなみにタイトルの「旅人たびうど」という読み方は、博打で生計を立てながら旅をする渡世人という意味があり、言葉のもつ語呂のよさと、歌詞の世界をイメージしてつけられたそうです。なお、「旅人たびうど」は、同年のオリコン年間シングルチャート第16位に記録される大ヒットでした。

ケツメイシ「さくら」

Edit

ケツメイシ「さくら」無料音楽動画視聴
さくら」は、2005年2月16日にリリースされたケツメイシの14枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって95万枚を売り上げた、ケツメイシの代表曲です。

「君にBump」以来、約7か月ぶりのリリースとなったケツメイシの「さくら」は、シンプルなエイト・ビートとたおやかなイメージを生み出すストリングスを中心としたトラックのなかで、日本の象徴である「さくら」と、人間の永遠のテーマ”恋愛感”をうまく調和したさわやかな”切なソング”です。

この「さくら」は、現時点でケツメイシのシングル中、セールス1位の作品になります。またショートムービー仕立てになっている「さくら」のPVは、人気脚本家の岡田恵和が執筆したもので、俳優の萩原聖人と人気カリスマモデル鈴木えみが出演。なお「さくら」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第2位に記録される大ヒットでした。

ケツメイシ「君にBUMP」

Edit

ケツメイシ「君にBUMP」無料音楽動画視聴
君にBUMP」は、2004年7月28日に発売されたケツメイシの10枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって34万枚を売り上げた、ケツメイシのヒット曲です。

この「君にBUMP」は、ケツメイシ前年リリースの「夏の思い出」とともにボーダフォン(現ソフトバングモバイル)のCMソングに起用されてヒットしました。

また「君にBUMP」のPVは、サタデーナイトフィーバーを意識したもので、パパイヤ鈴木の振り付けで羽賀研二が出演していました。ちなみに、「君にBUMP」は同年のオリコン年間シングル売上げ第15位に記録されるヒットでした。

ケツメイシ「男女6人夏物語」

Edit

ケツメイシ「男女6人夏物語」無料音楽動画視聴
男女6人夏物語」は、2006年7月19日にリリースされたケツメイシの16枚目(メジャー13th)のシングルで、オリコンチャート最高3位となって17万枚を売り上げた、ケツメイシのヒット曲です。

前作「旅人」よりわずか3ヶ月弱で発売された「男女6人夏物語」は、KAT-TUN、Bank Bandなど人気アーティストとリリースが重なった為、チャート初登場は3位に。

なお「男女6人夏物語」は、ケツメイシお得意のサマー・チューンで、胸がキュンとなる甘酸っぱい青春ストーリーに仕上がっていました。またゲスト・ヴォーカルにMAO-dを迎えた初のデュエット作品になります

ケツメイシ「夏の思い出」

Edit

ケツメイシ「夏の思い出」無料音楽動画視聴
夏の思い出」は、2003年7月16日にリリースされたケツメイシの7枚目のシングルで、オリコンチャート最高3位となって19万枚を売り上げた、ケツメイシの代表曲です。

前作「はじまりの合図」から半年ぶりとなるケツメイシのシングル「夏の思い出」は、真夏の爽快な雰囲気のサマー・ソングで、聴くたびに甘く切ない思い出に浸ってしまう傑作でした。

この「夏の思い出」は、ボーダフォン日本法人(現ソフトバンクモバイル)のCMソングに起用され、07年放送のミュージックステーションの夏うたランキングでは2位にランクインしていました。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。