柴咲コウ 』 - 『柴咲コウYOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

柴咲コウ YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]
[柴咲コウ ] のまとめ YOUTUBE無料ドラマ動画

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴咲コウ「無形スピリット」

Edit
柴咲コウ「無形スピリット」柴咲コウ「無形スピリット」
【アーティスト】柴咲コウ
【タイトル】無形スピリット
【リリース】2011年2月9日

【備考】
・TBS系ドラマ『LADY~最後の犯罪プロファイル~』主題歌
・ジャッキジャキなカッティングと鼓膜が破れんばかりのノイズで鋭角的に身体を打ち抜く、エナジェティックに溢れるファンタスティックにな楽曲。
スポンサーサイト

柴咲コウ「EUPHORIA」

Edit
柴咲コウ「EUPHORIA」柴咲コウ「EUPHORIA」
【アーティスト】柴咲コウ
【タイトル】EUPHORIA
【リリース】2010年11月3日

【備考】
・11月13日放送フジテレビ系スペシャルドラマ『ストロベリーナイト』の主題歌です。
・PVでは柴咲コウとドラマで主演の先輩女優・竹内結子が初共演しています!
・19thシングル

柴咲コウ「ラバソー~lover soul~」

Edit

柴咲コウ「ヒカリひとつ」無料音楽動画視聴
ラバソー~lover soul~』は、柴咲コウが2009年9月16日にリリースの17枚目のシングル曲。

この『ラバソー~lover soul~』は、2009年8月よりフジテレビ系列で放送のドラマ「オトメン(乙男)」の主題歌。

柴咲コウにとって初のロックナンバーとなる『ラバソー~lover soul~』。歌詞は柴咲コウ自身がドラマをイメージして書いたもので、「“乙女心を持ったメンズ”という言葉をきいて、男性に云われたい想われたいことと、女の子が想う恋する気持ちと男の子が持っている独占欲、そういったものをミックスさせて作ってみました」と語っています。

柴咲コウ「思い出だけではつらすぎる」

Edit

柴咲コウ「思い出だけではつらすぎる」無料音楽動画視聴
思い出だけではつらすぎる」は、2003年9月3日に発売された柴咲コウの4枚目(RUI名義含む)のシングル。

この「思い出だけではつらすぎる」は、中島みゆきの書き下ろしの楽曲で、柴咲コウ自身も出演のフジテレビ系ドラマ「Dr.コトー診療所」の挿入歌で、メロディも歌詞もドラマにマッチした壮大なバラードになっています。

柴咲コウ自身も、この「思い出だけではつらすぎる」を初めて聞いた時には、中島みゆきの意図した形で歌えるか不安だったそうですが、何回かレコーディングを重ね、柴咲コウなりの解釈で歌い上げたとのこと。ドラマの景色も理解しているので、かなり入り込んだ作品に仕上がってます。

柴咲コウ「actuality(アクチュアリティ)」

Edit

柴咲コウ「actuality(アクチュアリティ)」無料音楽動画視聴
actualityアクチュアリティ」は、2006年12月6日に発売の柴咲コウの11枚目(RUI名義含む)のシングルで、オリコンチャート最高20位で2.1万枚を売り上げた、柴咲コウのヒット曲です。

この「actualityアクチュアリティ」は、柴咲コウ初のクリスマスソングで、サントリー・スパークリング ワイン『フレシネ』のCMソングに使用されていました。

なおシングル『actualityアクチュアリティ』は、クリスマスをコンセプトにして制作されたシングルとなっており、カップリング曲「一緒に暮らそう」「綿の雪」もクリスマスソングで、現在のところ柴咲コウのアルバムには未収録の楽曲です。

KOH+(コープラス)柴咲コウ「KISSして」

Edit

KOH+(コープラス)柴咲コウ「KISSして」無料音楽動画視聴
KISSして」は、福山雅治がプロデュースして柴咲コウKOH+コープラス名義で2007年11月21日にリリースのシングル。

この「KISSして」は、福山雅治&柴咲コウが主演のフジテレビ系ドラマ『ガリレオ』の主題歌で、同ドラマの主人公とヒロインのコラボレーションによる異色主題歌として注目のナンバ-です。

柴咲コウと福山雅治によるコラボ・ユニットとなるKOH+コープラスの「KISSして」は、ドラマティックなサウンドに、柴咲の歌声がよく映えており、柴咲コウは「福山さんの色に染められました。レコーディングも気負わずやらせてもらい、とても歌いやすかったです。」とKOH+コープラスとしての福山雅治とのコラボレーションについて述べています。
※なお、こちらの動画はドラマ『ガリレオ』のオープニング&エンディングになっています。

柴咲コウ「ひと恋めぐり」

Edit

柴咲コウ「ひと恋めぐり」無料音楽動画視聴
ひと恋めぐり」は、2007年3月28日に発売の柴咲コウ(RUI名義含む)の13枚目のシングル。

TBS系ドラマ「愛の劇場『砂時計』」の主題歌の「ひと恋めぐり」は、柴咲コウがドラマの原作コミックを読んでから作詞し、そのリリックは、幼くて淡くて、でも、"何があっても、この恋愛を貫いていきたい"という強い意志を感じさせる内容でした。

この「ひと恋めぐり」は、ゆったりと広がっていくミディアム・バラードで、「歌詞を書くということが音楽活動の前提」という柴咲コウの、作詞家としての個性が明確に示された1曲でした。

RUI(柴咲コウ)「月のしずく」

Edit

RUI(柴咲コウ)「月のしずく」無料音楽動画視聴
月のしずく」は、2003年1月15日に発売されたRUI名義で柴咲コウが発売した2枚目のシングルで、オリコンチャート第1位となって80万枚を売り上げた、柴咲コウの大ヒット曲です。

この「月のしずく」は、映画『黄泉がえり』の劇中歌・主題歌で、同映画での柴咲コウが演じた歌手RUIの楽曲であったため、役名名義での発売となっています。

役名名義のオリコンシングルチャート1位となった「月のしずく」は、桜庭裕一郎の『ひとりぼっちのハブラシ』以来約1年半ぶりの記録。映画の役名名義ではYEN TOWN BANDの『Swallowtail Butterfly ~あいのうた~』以来約5年4ヶ月ぶりの記録でした。ちなみに「月のしずく」は、同年のオリコン年間シングルチャート第5位に記録される大ヒットでした。

柴咲コウ「かたちあるもの」

Edit

柴咲コウ「かたちあるもの」無料音楽動画視聴
かたちあるもの」は、2004年8月11日に発売された柴咲コウの6枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって62万枚を売り上げた、柴咲コウの代表曲です。

この「かたちあるもの」は、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の主題歌で、柴咲コウ自身による作詞の作品で、「かたちあるもの」以降の柴咲コウの作品は彼女自身によって作詞されるようになります。

ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒットもあって、この「かたちあるもの」はロングヒットとなり、同年のオリコン年間シングル売上げ第6位に記録される大ヒットとなりました。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。