SPEED(スピード) 』 - 『SPEED(スピード)YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

SPEED(スピード) YoutubeでPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】

YOUTUBEPV視聴ヒットパレード【無料音楽動画試聴BLOG】』は、無料視聴できるYOUTUBE等のPV音楽動画を紹介しています。
[ドラマの主題歌] [サイトマップ] [RSS] [ADMIN]
[SPEED(スピード) ] のまとめ YOUTUBE無料ドラマ動画

スポンサーサイト

Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPEED「Let's Heat Up!」

Edit
SPEED「Let's Heat Up!」 SPEED「Let's Heat Up!」
【アーティスト】SPEED
【タイトル】Let's Heat Up!
【リリース】2010年11月10日

【備考】
・イオン トップバリュ「HEATFACT」レディス篇CMキャンペーンソング
・完全復帰後第2弾シングル、通算19thシングル
スポンサーサイト

SPEED「指環」

Edit
SPEED「指環」  SPEED「指環」
【アーティスト】SPEED
【タイトル】指環
【リリース】2010年9月1日

【備考】
・18thシングル
・GreeeeN」のプロデューサーであるJINがサウンドプロデュースを担当

SPEED「WHITE LOVE」

Edit

SPEED「WHITE LOVE」無料音楽動画視聴
WHITE LOVE」は、1997年10月15日にリリースされたSPEEDの5枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き185万枚のセールスを記録した、SPEEDの代表曲です。

この「WHITE LOVE」は、2ndシングル「STEADY」3rdシングル「Go! Go! Heaven」に続き、ミリオンセラーを記録し、SPEED最大のシングルセールスとなっており、同年のオリコン年間シングルチャートでも第10位に記録される大ヒットでした。また、資生堂「ティセラエンジェルドロップ」のCMソングとして使用されていました。

さらに、この「WHITE LOVE」でSPEEDは、同年の第48回NHK紅白歌合戦に初出場し、トップバッターでこの「WHITE LOVE」を歌唱しました。なお、翌年の紅白でもSPEEDは「ALL MY TRUE LOVE」で、2年連続のトップバッターを務めています。

SPEED「Long Way Home」

Edit

SPEED(スピード)「Long Way Home」無料音楽動画視聴
Long Way Home」は、1999年11月3日に発売されたSPEEDスピードの11枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって61万枚を売り上げた、SPEEDスピードのヒット曲です。

この「Long Way Home」は、同年10月5日の突然の解散宣言後にリリースされたSPEEDスピードのラスト・シングルで、SPEED(スピード)のルーツでもあるR&B寄りのアレンジになっていました。

なお、「Long Way Home」をもってSPEEDスピードのシングルの総売上が1000万枚を突破。当時3年3ヶ月での達成は歴代6位、11枚目での達成はMr.Children(9作)、安室奈美恵(10作)に次ぐ歴代3位のスピード記録でした。

SPEED「ALL MY TRUE LOVE」

Edit

SPEED「ALL MY TRUE LOVE」無料音楽動画視聴
ALL MY TRUE LOVE」は、1998年10月28日にリリースされたSPEEDの8枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位に輝き122万枚のセールスを記録した、SPEEDの代表曲です。

この「ALL MY TRUE LOVE」は、SPEED人気絶頂期のシングルで衝動売上げはSPEED最高の60万枚を記録し、TBS系列で独占放送された98年バレーボール世界選手権のテーマソングとして使用されていました。

またシングル「ALL MY TRUE LOVE」は、SPEED初のマキシシングルで、メンバーのソロ曲を収録するなど発売前から注目されていた作品で、ソロ作品はいずれもミュージックステーションなどの音楽番組で披露されてました。なお「ALL MY TRUE LOVE」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第13位に記録される大ヒットでした。

SPEED「Breakin' out to the morning」

Edit

SPEED「Breakin' out to the morning」無料音楽動画視聴
Breakin' out to the morning」は、1999年5月19日にリリースされたSPEEDの10枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって58万枚を売り上げた、SPEEDのヒット曲です。

この「Breakin' out to the morning」は、鈴木京香主演のフジテレビ系ドラマ「アフリカの夜」の主題歌。ノリの良さはSPEED随一のライブ向けの作品で、ヒップホップなテイストのイントロが新鮮な印象でした。

またシングル「Breakin' out to the morning」のカップリングには、「ALL MY TRUE LOVE」で好評だった今井絵理子のソロ作品「EVERYDAY,BE WITH YOU」、ロート製薬「ロートZi:リセ」のCMソングとなった「アダムとイブ」が収録され、ていました。

SPEED「Precious Time(プレシャス・タイム)」

Edit

SPEED「Precious Time(プレシャス・タイム)」無料音楽動画視聴
Precious Timeプレシャス・タイム」は、1999年2月17日に発売されたSPEEDの9枚目のシングルで、オリコンチャート最高2位となって62万枚を売り上げた、SPEEDのヒット曲です。

この「Precious Timeプレシャス・タイム」は、SPEEDの楽曲では初めて上原多香子と新垣仁絵のソロパートが導入され、EPSON「カラリオ」のCMソングに使用されていました。

この時期から前年までの勢いが衰え始めたSPEEDですが、メンバーのソロ活動が予想以上の反響となって、後に上原多香子やHiroのソロ作品が大ヒットします。なお、この「Precious Timeプレシャス・タイム」は、同年のオリコン年間シングル売上げ第32位を記録するヒットでした。

SPEED「ALIVE」

Edit

SPEED「ALIVE」無料音楽動画視聴
ALIVE」は、1998年7月1日にリリースされたSPEEDの7枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって97万枚を売り上げた、SPEEDの大ヒット曲です。

この「SPEED」は、とりわけ美しいメロディーが印象に残った壮大なバラード。SPEED自身が主演した同年公開の映画『アンドロメディア』の主題歌で使用され大ヒットとなりました。

SPEEDはこの「ALIVE」は、同年の第40回日本レコード大賞で、優秀作品賞を受賞。ちなみに「SPEED」は同年のオリコン年間シングル売上げ第16位に記録される大ヒットでした。

SPEED「my graduation」

Edit

SPEED「my graduation」無料音楽動画視聴
my graduation」は、1998年2月18日にリリースされたSPEEDの6枚目のシングルで、オリコンチャート初登場第1位となって148万枚のセールスを記録した、SPEEDの代表曲です。

この「my graduation」は、SPEED自身も出演した日清食品「日清焼そばU.F.O.」のCMソングに使用され、SPEED最大のヒット曲となった前作「White Love」に続き2作連続ミリオンセラーを記録。「White Love」に次ぐヒット曲となり、卒業式の定番曲にもなっています。

また、解散発表後の最後の出場となった翌99年の第50回NHK紅白歌合戦では「my graduation’99」のスペシャル・バージョンで熱唱しました。ちなみに、98年のオリコン年間シングルチャート第3位に記録される大ヒットでした。

SPEED「Wake Me Up!(ウェイク・ミー・アップ)」

Edit

SPEED「Wake Me Up!(ウェイク・ミー・アップ)」無料音楽動画視聴
Wake Me Up!ウェイク・ミー・アップ」は、1997年8月6日にリリースされたSPEEDの4枚目のシングルで、67万枚を売り上げオリコンチャート最高2位となった、SPEEDのヒット曲です。

この「Wake Me Up!ウェイク・ミー・アップ」は、ロート製薬「ロートZi:リセ」のCMソングに採用され大ヒット。目覚めに最適でSPEEDのライブでの人気曲のひとつにもなっていました。

またシングル「Wake Me Up!ウェイク・ミー・アップ」のカップリング曲「熱帯夜」は、プロモーションビデオもつくられたSPEEDの隠れた人気曲です。

SPEED「Go! Go! Heaven(ゴー・ゴー・ヘヴン)」

Edit

SPEED「Go! Go! Heaven(ゴー・ゴー・ヘヴン)」無料音楽動画視聴
Go! Go! Heavenゴー・ゴー・ヘヴン」は、1997年3月26日にリリースされたSPEEDの3枚目のシングルで、67万枚を売り上げてオリコンチャート1位となった、SPEEDのヒット曲です。

この「Go! Go! Heavenゴー・ゴー・ヘヴン」は、ロック風のアップテンポなナンバーで、アサヒ飲料・三ツ矢サイダー「さわやかぶどう」「さわやかグレープフルーツ」CMソングとして使用されました。

Go! Go! Heavenゴー・ゴー・ヘヴン」初動27万枚を記録して、SPEED初のオリコンシングルチャート1位を獲得。平均年齢14.0歳でのチャート1位獲得はグループとして史上最年少になります。

SPEED「STEADY」

Edit

SPEED「STEADY」無料音楽動画視聴
STEADY」は、1996年11月18日にSPEEDの2ndシングルとして発売され、127万枚のセールスを記録してオリコンチャート最高2位となった、SPEED初のミリオンセラーを達成したヒット曲です。

この「STEADY」では、デビュー曲の「Body & Soul」から一転、ミディアム・チューンでストリート色が強いラブソングになっており、テレビ朝日系ドラマ「イタズラなKiss」の主題歌として使用され大ヒットします。

SPEEDは「STEADY」でアイドルグループとしては、ピンク・レディーの「モンスター」以来18年ぶりというミリオンセラーを達成します。しかし同時期に、今井美樹「PRIDE」や、TK PRESENTS こねっと「YOU ARE THE ONE」などが首位を守り、この時は残念ながらチャート1位は獲得できませんでした。

SPEED「Body&Soul(ボディ&ソウル)」

Edit

SPEED「Body & Soul(ボディ&ソウル)」無料音楽動画視聴
Body & Soulボディ&ソウル」は、1996年8月5日にリリースされたSPEEDのデビューシングルで、日清シスコ「シスコーン」のCMソングに起用されシングルセールス63万枚、オリコンシングルチャート最高4位となった、SPEEDのヒット曲です。

この「Body & Soulボディ&ソウル」は、当初は同年7月22日にリリースを予定していたのですが、「サビの掛け合いが今ひとつ」「まだグルーブ感が足りない」など理由で発売を2週間遅らせてのしてのデビューとなります。

Body & Soulボディ&ソウル」のヒットで一躍人気アイドルとして注目されることとなり、90年代後半を代表する女性アイドルグループSPEEDとして成長していくのですが、これほどの成功を手にするとは、この時はまだ誰1人予想もしていませんでした。

PVアーティスト一覧























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。